繰上返済の手数料とは何?詳細解説します。

繰上返済の手数料について解説します。

繰上返済の手数料とは何?

繰上返済(一部繰上返済)とは、毎月の返済とは別に、借入額の一部あるいは全額を返済することをいいます。毎月の返済やボーナス払いでは返済額に利息分も含まれますが、繰上返済に関しては、返済分が全て元金の返済に充てられます。それにより、支払う利息を軽減することができます。

繰上返済の最低額は、多くは1万円以上ですが、フラット35の場合は窓口で100万円以上、ネット手続きで10万円以上です。

繰上返済を行うことで支払う利息を減らすことができますが、いくらおトクになるのかは、繰上返済の種類や金利、残りの返済期間、残債額、繰上返済をする金額などでも異なります。実行する前に、試算をしてから行うといいでしょう。 繰上返済には、繰上返済分で返済期間を短縮する「期間短縮型」と、期間は変えずに返済額を減らす「返済額軽減型」とがあります

繰上返済のメリット・デメリットは?

繰上返済のメリット・デメリットを整理しておきましょう。

まずはメリットですが、次のようなものが挙げられます。

これは、繰上返済を行う目的そのものでもあります。

繰上返済のメリット 【期間短縮型】

・完済するまでの時期を短縮できる

・支払う予定だった利息を軽減できる(返済額軽減型より効果は大きい)

【返済額軽減型】

・毎月の返済額を減らすことができる

・支払う予定だった利息を軽減できる(期間短縮型より効果は小さい)

次に、デメリットも挙げてみます。

繰上返済のデメリット

【期間短縮型】

・手元の貯蓄が減る

・期間を短縮すると借り換えを希望したときに期間を延ばすことができない

・借入額が小さくなれば団体信用生命保険による死亡保障も小さくなる

・繰上返済をがんばりすぎて返済期間が10年未満になると、住宅ローン控除が停止に

・将来、不動産を売却して売却損が出たときに損益通算や繰越控除が受けられない

【返済額軽減型】

・手元の貯蓄が減る

・借入額が小さくなれば団体信用生命保険による死亡保障も小さくなる

・繰上返済をがんばりすぎて返済期間が10年未満になると、住宅ローン控除が停止に

・将来、不動産を売却して売却損が出たときに損益通算や繰越控除が受けられない

私がデザイナーズマンションを買った方は、まずは地域名などで「デザイナーズマンション 名古屋」「デザイナーズマンション 名古屋」などで検索し、良いデザイナーズマンションを見つけましょう。